建設現場の警備に特化した会社
一都三県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)を中心とした、
建設現場での交通誘導警備専門の
「三和警備保障株式会社」のアルバイト情報サイトです。

地図から三和警備保障株式会社のアルバイト求人情報を探す

フリーワード
関東の地図

スマートフォン、
携帯電話からも
ご利用できます

三和警備保障 求人サイト

上記の二次元
バーコードから
アクセスして下さい。

三和警備保障株式会社のスタッフ紹介

大規模な改修工事をしていた新宿駅に、独特の道案内の標識が出現。
見たことのない書体、これまでにはなかった案内図…
近づいて見てみると、それはなんとガムテープ文字!?
その文字は、三和警備保障株式会社で一警備員として
誘導係を担当していた佐藤修悦さんが作ったアートでした。

佐藤修悦さんインタビュー
  • 三和警備保障株式会社
  • 警備員
  • 佐藤修悦さん
  • 雇用形態:アルバイト(16年)
  • 年齢:60代(61歳)
佐藤修悦さん
  • 三和警備保障株式会社での所属を教えてください。
  • 今は主に駅工事の列車見張員や重機誘導員として従事していますが、誘導警備をすることもあります。「警備員」といっても、雑踏警備や交通誘導警備、イベント警備、ビル警備などいろいろな種類があるんですよ。
  • 三和警備保障株式会社で働く以前のアルバイト・勤務経験を教えてください。
  • 三和警備保障入社以前は、銀行員を3年間、その後、喫茶室ルノアールで22年間勤めました。その後、三和警備保障に入社してかれこれ勤続16年。もう「おじいちゃん」と労わってもらってもいい年齢になりましたが、そうも言っていられません。現場の仲間には、60代70代の高齢者層も多いですが、10代の学生から主婦まで、幅広い年齢層の方々がいます。特にイベント警備、ビル警備などは、女性警備員も増えてきていますね。 喫茶室ルノアール時代に培った、「人のお役に立ちたい」という気持ちが、今の警備員の仕事に役立っていると思います。「人に見やすい標識を作る」ことで道行く人の役に立てる。私自身は簡単なことだと思っていますが、真似る人がいないのが不思議です。
  • 三和警備保障株式会社でアルバイトをはじめたきっかけはなんですか?
  • ルノアールを退職後、いくつかの仕事をしました。たまたま三和警備保障の警備員の仕事を見つけたのですが、夜、昼、と自分の希望シフトで働けるのがメリットですね。 また、人と接することが好きなので、いろんなアルバイトスタッフと一緒に働いたり、警備の仕事中にお客さまに声をかけられたり、多くの人と接することができるのは、自分に合っているなと思います。
  • 三和警備保障株式会社のアルバイトで自慢できるところや、楽しいことを教えてください。
  • JR新宿駅の通路改良工事の時に、普段使っていた通路が急に通れなくなり、迷ってしまったたくさんのお客さまから声をかけられ、案内を何とかしたいという思いでガムテープ文字による案内板を作りました。作ること自体を私自身が楽しんでいることで、皆さんに受け入れられたことはとても嬉しいですね。 現場がJR日暮里駅の時にお世話になった日暮里駅長さんとは、工事が終わった今でも交流がありまして、お正月の挨拶看板などの依頼があるんです。いろんな方とのつながりができて、警備員として普通は経験できないことをさせてもらっていると思いますね。 22年間勤めた喫茶室ルノアールでは、アルバイトから始めて、店長、ブロック部長まで昇進しました。その間、アルバイトスタッフや後輩など人を育てる仕事をしてきました。その経験が三和警備保障でもとても役立っています。後輩の警備員に仕事そのものも教えていますが、これからの三和警備保障を背負って立つ人を育てていきたい、と思っています。
  • 三和警備保障株式会社のアルバイトを知人や友人に紹介するとしたらどのように紹介しますか?
  • 鉄道工事警備に携わってきて思うのは、列車見張員や重機誘導員の仕事は、人の命を預かっている仕事だ、ということです。重機オペレーターの目となり、先頭に立って安全を確保して誘導する、自分の失敗が作業員の事故につながることもある、責任ある仕事です。 アルバイトでもやるからには、責任感をしっかり持って仲間として一緒に働くことができれば嬉しいと思います。

佐藤修悦さんは三和警備保障株式会社で
警備員のアルバイトをしていらっしゃる男性です。
佐藤修悦さんが、修悦体を作り上げ、
広く認知されるようになったのはどういう経緯があったのでしょうか。

誕生

2004年JR新宿駅での改装工事。そこで警備員として駅利用者の案内をしていた三和警備保障株式会社所属の佐藤修悦さん。そこで目にしたのは、利用路線がわからず迷い困っている多くの駅利用者でした。案内を求める利用者が多く、声や手振りだけでの誘導では対応できません。そこで、佐藤修悦さんは現場にあったガムテープを活用して駅構内の案内表示を即興で作りました。
このときのガムテープ文字での案内表示が修悦体のはじまりです。当初は駅からの指示や許可は無く、佐藤修悦さんの判断で駅の番線表示のみを始めましたが、それを見た駅員に褒められ、駅構内での掲示の許可が出たことから正式に製作を始めることができました。修悦体での案内図製作を始めたころは工事現場にあったガムテープは白・黒・黄の3色のみでしたが、佐藤修悦さんによる赤・青・緑の3色の申請が認められ、JR各線の電車の色に合わせた案内板の作成も可能となりました。

佐藤修悦さん
誕生

佐藤修悦さんがこだわっているのは「見やすい文字であること」「理解されやすい図であること」です。修悦体の字体はがっしりと太く、遠目からも見やすく目立つように書かれています。文字の枠を作り、縦横にガムテープを張り巡らせ、描線の外角部分を丸く切るだけでなく内角部分もガムテープを継ぎ足したうえで曲線を作り上げます。そしてきれいに一定の幅を保って曲がっているように見せています。この丸みを帯びたガムテープ文字が不慣れな仮設空間を利用する駅利用者のストレスを和らげる効果を生んだのではないかと言われています。
この修悦体の最大の美点・特徴は、短期間しか使用しない工事現場における仮設の案内図にも関わらず、ひと手間を加えた曲線や構成を行っていることです。修悦体が用いられているのは、仮設の工事現場です。工事の進捗によって案内図が変更されたり、工事が終われば撤去されたりと、恒久的に使用されるものではありません。その案内図を、リアルタイムに丁寧に、ガムテープで作り上げます。 佐藤修悦さんのこだわりの詰まったこのガムテープ文字は仮設駅の利用者の安全を守っているのです。

誕生

佐藤修悦さんのガムテープ文字による案内板は新宿駅で始まり、その後日暮里駅でも使用されました。そして修悦体は駅のみではなく、年を重ねていくにつれてブログ等でも話題になり国外内での知名度を上げていきました。ファンによる個展「現在地」が開催されたことをきっかけにメディアで特集をされ、『ガムテープで文字を書こう』という本を出版したり、お台場や六本木での実演会を開催したり、映画「まぼろしの邪馬台国」の書体のオファーがきたりと、一躍“時の人”となりました。

駅の案内図として作成されたガムテープ文字が、
アートとして多くの人に認知される・・・・・・
佐藤修悦さんの「駅利用者に不便をかけたくない」という思いやりと
配慮が生み出した修悦体は、多くの駅利用者の安全を守っているのです。

三和警備保障株式会社 アルバイトの仕事内容

平成二年創業、一都三県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)を中心に約400の現場で1600名以上の隊員(警備員)が活躍中です。建設現場の交通誘導警備専門「三和警備保障株式会社」のアルバイト求人情報です。お得意様も、上場企業の大手建設会社様の工事現場が多く、安全面でも安心して働ける、やりがいのある職場です。

三和警備保障株式会社 担当工事実績

三和警備保障株式会社は建設現場における警備に特化した警備会社です。主要なお客様は主に大手建設業者、長期の現場、一日の警備員の人員が50名近くの大規模現場での警備実績も豊富です。また鉄道関連の資格者を多数保有してますので、鉄道工事の警備も得意としてます。三和警備保障株式会社は首都圏各所において、大型工事を多く担当しています。
三和警備保障 実績の一例
■JR新宿駅改良工事及び新バスターミナル新設工事(平成12年~平成28年完成予定)
■首都高速中央環状線工事(平成26年時点で大橋ジャンクション~湾岸線までの各所を担当)
■小田急電鉄 代々木上原駅~梅ヶ丘駅間の地下工事(3工区を担当)
■JR品川駅改良工事(電車置場も含め大規模に担当。山手線新駅設置の予定があります)
  • Check